Fukuoka Contents & Product Management

FCPM

FCPMは福岡を拠点とする任意団体であり、以下のような事業を行っています。

  • イベント制作事業
  • コンテンツ制作事業
  • 配信事業(HATO)
  • プロモーション企画(広告・コンテンツマネジメント)
  • 芸能マネジメント事業(アーツユニオン)

 

これらの事業は、ある福岡のライブハウスに集った仲間が、次のステップとして別府で新しくライブスペースを運営していました。ですが昨今のコロナ事情もあり、FCPM主体のライブイベント制作事業は休止しています。

このコロナ禍が、いつ終焉を迎えるのかはわかりませんが、まったく音楽イベントをできないときから、ライブをしたい、ライブを見たいという声は多くいただいていました。それは、この自粛生活の中に潤いを与えてくれたのはきっと、本や映画、音楽だったからではないでしょうか。

 

いま日本はもちろん、世界中が言いようのない閉塞感に包まれています。ですが、私たちの祖先は多くの疫病や戦争とあった、この見えない精神的抑圧を潜り抜け、生き抜いたからこそ、わたしたちはここに存在しています。

そして、この理解も言葉にすることも難しい「何かの抑圧」を払拭するのは、大きな声を上げる人、ミュージシャンだと私は思っています。

ジョン・レノンがベトナム戦争に平和を歌ったように、ボブ・マーリーが大統領と軍隊を和解させたように、世界的な情勢や、社会が不安定になっているときにこそ、アート・音楽の力が必要だと私は思っています。

そして、このコロナ禍や世界中で起こる軍事行動の中から、次の偉大なアーティストが出てくるのではないか、という期待も同時にしています。

 

私は今まで本当にたくさんのライブに関わらせていただきました。ライブハウスはもちろん、クラブや野外フェス、カフェなど一般のお店、配信での無観客ライブも最近は増えました。

その関わり方も、スタッフだったこともあれば、遊びに行った時も、たまたま居合わせたことと様々ですが、いま私の周りにいてくれる人たちは、その何かでつながってきた人たちです。

ふしぎなことに、共通のライブという思い出がある友達は、疎遠になる事はあったり喧嘩することはあっても、つながりが切れにくいと感じます。素晴らしいライブを共にした人は、まったく知らない人でも仲良くなっていたりします。

 

もちろんそれは偶々だ、という人もいるかもしれません。

でも、私は音楽には、ライブにはそういった力があると信じています。

 

ライブハウスの名から受け継がれた、配信プロジェクトの「鳩 -HATO-」は、音楽が世界を平和にしていく、世界がどうしようもなくなったとしても、パンドラの底から飛び出す希望になってほしいという思いから付けられました。その思いは、任意団体FCPMの配信部門に引き継がれています。

しかしイベントなどの事業を行う上で、個人技術者たちの多くが書類作業や経理業務の不備から、互いに思うように動けないということは多々ありました。口約束だけで、互いに不快な思いをしてしまうことも多く、不要な仲たがいも多くありました。アーティストや技術者の多くが個人事業ということで、思うように表現や業務に集中できない環境になってしまうことも多々ありました。これを解消すべく、アーツユニオンという芸能マネジメント、共同コミュニティサービスを開始しました。そしてこれは、個人事業者や小さな事業者の弱みを、強味に変えていくことを目指しています。

アーツユニオンの詳細はこちら

 

願わくば、この活動を通して次の世代の「声を上げる人」を見つけてることを目標に、活動を続けています。

 

2022/01/01

FCPM 代表

 

 

更新日:

Copyright© FCPM , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.